畳のナカジマ

宮城県仙台市北部(泉区・青葉区)、
富谷市、利府町で活動する、畳・襖・
障子・クロス・カーテンの畳職人

お問い合わせフォーム
ホーム > ブログ > 梅雨時の畳のお手入れについて

梅雨時の畳のお手入れについて


もうすぐ、梅雨の季節です。
梅雨が近づいてくると、
「畳にカビが出て困っている・・」というご相談を、受けることがあります。

畳を替えてから、1年目の梅雨は、特にカビが出やすいので、ご注意くださいませ。
畳は、イグサという農産物からできています。
畳となってからも、新鮮さゆえ、しばらく水分と栄養分を持っています。

湿気が畳が吸収することのできる量を超えてしまうと、
この水分と栄養分により、カビが発生するのです。

この1年目を乗り切れば、キレイに退色して、部屋になじんでゆきます。

あわてることはありません。
カビが出てしまったときの対応方法としては・・・
・エタノールや消毒用アルコール(ホームセンターで売っています)を、
 タオルや雑巾に、しみこませて、強く絞ってから、
 畳の目に沿って、ふき取るようにしてください。

これで、キレイにとれますし、予防にもなります。

カビを生やさないための「予防策」としては、こんなことをオススメしています。
・週に1度程度は、掃除機で掃除をしておく。
・晴れた日には、風を通す。
・除湿機や、エアコンの「除湿」機能を使う。

宮城県富谷市の畳襖職人 安心・安全・本物をお届けします。畳のナカジマ